3c28bb73061b36f55428027aa8d4fcd7_s

タイマーとは、電気的または機械的に入力を与えると、あらかじめ定められた時間を経過したのちの、回路を電気的に“開”または“閉”にするような接点を持ったリレーです。

タイマーのことを、限時継電器ともいいます。

 

 

限時動作・瞬時復帰(オンディレー)

入力信号(タイマーのコイルに電圧がかかったとき)を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーです。

入力信号がなくなり、復帰するときは瞬時に行われます。

161109-16

 

 

 

瞬時動作・限時復帰(オフディレー)

入力信号を受けると瞬時に接点が動作します。入力信号がなくなり、復帰するときは、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が復帰するタイマーです。

161109-17

タイマーの図記号は、駆動部と出力接点の記号とを組合せて表します。
駆動部は、一般の電磁リレーと同じ記号が流用されています。

 

 

 

 

使われている場面としては、スイッチを長押しすることで作動する機械や、エレベーターが自動的に閉まるのもタイマーで行われています。

タイマーがあることで、わざわざスイッチを押さなくても一定時間を過ぎると自動的に次の動作に切り替えてくれます。

よく使われているのは、タイマーと自己保持回路の組み合わせです。

次回は、タイマーと自己保持回路の組み合わせについてご説明します。