タイマーの基本回路

タイマーの基本回路
オンディレータイマーと自己保持回路の組み合わせ オンディレータイマーは、入力の信号を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーです。 入力の信号がなくなると、接点の復帰は瞬時に行われます。   BS1を押すとリレーRが動作し自己保持します。それと同時にタイマーTLRがカウントを開始します。 タイマーの設定時間後、カウントアップしTLR-a接点が閉じ、ランプLが点灯します。 BS2を押すと、自己保持及びタイマーの接点が解除されランプLが消灯します。       オフディレータイマーと自己保持回路の組み合わせ オフディレータイマーは入力の信号を受けると同時に接点が動作するタイマーです。 入力の信号がなくなり、接点が復帰するときは、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、復帰するタイマーです。   BS1を押すとリレーRが動作し自己保持します。それ...

タイマーとは

タイマーとは
タイマーとは、電気的または機械的に入力を与えると、あらかじめ定められた時間を経過したのちの、回路を電気的に“開”または“閉”にするような接点を持ったリレーです。 タイマーのことを、限時継電器ともいいます。     限時動作・瞬時復帰(オンディレー) 入力信号(タイマーのコイルに電圧がかかったとき)を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーです。 入力信号がなくなり、復帰するときは瞬時に行われます。       瞬時動作・限時復帰(オフディレー) 入力信号を受けると瞬時に接点が動作します。入力信号がなくなり、復帰するときは、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が復帰するタイマーです。 タイマーの図記号は、駆動部と出力接点の記号とを組合せて表します。 駆動部は、一般の電磁リレーと同じ記号が流用されています。   &n...

インターロック回路

インターロック回路
インターロック回路とは、2つの入力信号のうち、先に動作したほうが優先し、他方の動作を禁止する回路のことをいいます。 2つの入力信号がいっしょに入ると異常が発生する場合、機器の保護と操作者の安全のために、誤って2つの入力信号をいっしょに入れても、先に動作したほうを優先し、他方は動作しないようにした回路です。   リレーXが先行した時の動作 ①押しボタンスイッチBSxを押すことにより、リレーXのコイルに電流が流れます。 ②リレーXのコイルに電流が流れると、可動鉄片の吸引により、リレーXのa接点が閉じ、リレーXのb接点が開きます。 ③リレーXのa接点が閉じると、ランプLxが点灯します。   押しボタンスイッチBSyを押しても、リレーXのb接点が開いているので、リレーYは動作しません。 これをリレーYがインターロックしたといいます。     リレーYが先行した時の動作 ①押しボタンス...

自己保持回路

自己保持回路
自己保持回路は、リレーに与えられた動作信号(セット信号)を受けて、自分自身の接点によってバイパス回路を作り、動作回路を保持します。 また、復帰信号(リセット信号)を与えることにより復帰することができる回路です。     セット動作の順序 ①押しボタンスイッチBS1を押すことにより、リレーRのコイルに電流が流れます。 ②リレーRのコイルに電流が流れると、可動鉄片の吸引により、リレーRのa1とa2接点が閉じ、回路が形成されます。 ③押しボタンスイッチBS1を離しても、②の回路が成立しているので、電流が流れて動作が継続します。 (この状態を、自己保持をするといいます。)   リセット動作の順序 ①押しボタンスイッチBS2を押すことにより、セット動作中の回路の電流がストップします。 ②リレーRが復帰し、リレーRの接点a1とa2は開いたままとなるので、復帰した状態となります。 (この状態を、自己...

禁止回路と切り替え回路

禁止回路と切り替え回路
禁止回路 AND回路に禁止入力としてNOT回路を組合せ、禁止入力がある間は出力がONにならないようにする回路を禁止回路といいます。 また、インヒビット回路ともいいます。   ランプ点灯用の入力押しボタンスイッチBS1のみを押すと、ランプLは点灯します。 入力BS1と禁止入力BS2を同時に押すと、ランプLは点灯しません。       切り替え回路 1つの入力に対して、2つの出力があり、2つの出力のどちらか一方のみを出力する回路を切り替え回路といいます。   入力押しボタンスイッチBS1を押していない時⇒レッドランプ(RL)消灯、グリーンランプ(GL)点灯 入力押しボタンスイッチBS1を押している時⇒レッドランプ(RL)点灯、グリーンランプ(GL)消灯     禁止回路では、1つの押しボタンが押されて機械が作動している際に、強制的に...

リレーシーケンス AND・OR・NOT回路

リレーシーケンス AND・OR・NOT回路
AND回路 押しボタンスイッチBS1とBS2が同時に押されると、リレーRが動作し、ランプLが点灯します。 このように直列に接続された接点が作動した状態で働く回路をAND回路といいます。     OR回路 押しボタンスイッチBS1又はBS2のどちらかが押されると、リレーRが動作し、ランプLが点灯します。 このように並列に接続された接点のいずれかが作動した状態で働く回路をOR回路といいます。     NAND回路(NOT-AND) 押しボタンスイッチBS1とBS2が同時に押されると、リレーRは不動作となり、ランプLが消灯します。 このように接続された接点の全てが作動した状態で不動作となる回路をNAND回路といいます。     NOR回路(NOT-OR) 押しボタンスイッチBS1又はBS2のどちらかが押されると、リレーRは不動作となり、...

リレーシーケンス回路の基本

リレーシーケンス回路の基本
シーケンス回路は電圧がない自然な状態で書かれた図面です。 下の図は電源を入れるとGL(グリーンランプ)が点灯、RL(レッドランプ)が消灯、BS(押しボタンスイッチ)を押している間、GL(グリーンランプ)が消灯、RL(レッドランプ)が点灯の回路を示します。     電源を入れて、何もしていない状態では ①BS(押しボタンスイッチ)以下は電流が流れないのでR(リレー)は動作しない。 ②R(リレー)は動作しないので、Ra(リレー接点)は開いたままで、RL(レッドランプ)に電流が流れず、消灯のまま。 ③R(リレー)は動作しないので、Rb(リレー接点)は閉じたままで、GL(グリーンライト)に電流が流れ、点灯のまま。     BS(押しボタンスイッチ)を押している状態では ①BS(押しボタンスイッチ)の接点を通り、R(リレー)のコイルに電流が流れ可動鉄片を吸引する。 ②R(リレー)の可動鉄片の...

電気制御を学んで一生働けるスキルを身に付けよう!~シーケンス制御とは?

電気制御を学んで一生働けるスキルを身に付けよう!~シーケンス制御とは?
電気の世界で一生活躍できるスキルを身に付けよう! 上野電気工業では、電気の世界で活躍できる人材の育成に力を入れております。 自分が活躍できるフィールドを探している方、 スキルを磨き続けられる仕事がしたい方、 電気の世界にはあなたが活躍できる場所がきっと見つけられます! 文系出身、業界未経験者の方が安心して挑戦できるように無料講習会を開いております。 ここでは、講習会の一部を紹介します。     シーケンス制御の動作の順序を正確に理解できるように考えられた電気回路の接続図をシーケンス図といいます。 シーケンス図には、縦書きの場合の基本的なルールを説明しますと、 ・制御電源は図の上下に横線で示す ・制御機器などを結ぶ接続線は、上下の制御簿線間に縦線で示す ・接続線は動作の順序に従い左から右に書く ・制御機器は休止の状態で、電源を切り離した自然な状態で示す が挙げられます。   ...

電気制御を学んで一生働けるスキルを身に付けよう!~電気制御とは

電気制御を学んで一生働けるスキルを身に付けよう!~電気制御とは
電気の世界で一生活躍できるスキルを身に付けよう! 上野電気工業では、電気の世界で活躍できる人材の育成に力を入れております。 自分が活躍できるフィールドを探している方、 スキルを磨き続けられる仕事がしたい方、 電気の世界にはあなたが活躍できる場所がきっと見つけられます! 文系出身、業界未経験者の方が安心して挑戦できるように無料講習会を開いております。 ここでは、講習会の一部を紹介します。   機械を動かすには、電気制御回路が必要! 電気を使って機械設備を自動的に動かすには、電気制御回路が必要です。制御回路は機械設備に行わせる動作や順序を記憶させておき、一連の機械動作を行わせる命令と言えます。 シーケンス制御は制御系に於いて、フィードバックを伴わない制御のことをいいます。 フィードバックとは、検出器やセンサーからの信号を読み取り、目標値と比較しながら設備機器を運転し、目標値に近づけることをいいます。 シーケンス制御は出力に対して、目標を達したか否...

自分の能力を発揮できる場所

自分の能力を発揮できる場所
自分の能力を最大限に発揮できていますか? 「自分はこんなものじゃない」、「もっと活躍できるはずだ」と感じていますか?   本当は、誰しも自分が活躍できる場があると思います。 「やりたい事をやれる力がない」、「この状況を変える方法が見つからない」「もっと活躍できる自分でいたい」って悩んでいる方! 上野電気は、一人一人に向き合い、自分の能力を発揮できる人材を育成しています。     上野電気工業は電気の技術で、多くの製造業に貢献したいと考えております。 海外商品が多く進出している中、日本の技術・品質は海外に誇れるものがあります。 展示会などでは画期的な商品を作る日本の中小企業の姿が目立ちます。 アイディアを形にするのに、十年以上試行錯誤を繰り返している企業も多く存在します。 成功までの軌跡には、挫折しそうなときや先が見えない不安を感じることもありますが、それでも乗り越えた結果、画期的な発明が生まれるのです。   ...